2020年12月22日

空の湯の過ごし方<第8話> 空の湯ペダル GoTo山形おいしい空港編(4)

IMG_4589.jpg
峠を越えて、あさひ月山湖からは下り基調。鶴岡までは順調だった。
しかし、その前に最後のミッションがある。自転車を飛行機に手荷物で持ち込むにはそれなりの準備が必要で、その為に今回準備したのがベニヤで作った「自転車箱ベール初号機」である。マジックテープで簡単に組み立て分解が出来るが、重さ7キロ、140センチ✕45センチ、厚さ20センチと少々かさ張る。制作費もマジックテープが思いの外高価で3万円、製作に2週間も要したのだ。製作中に「買った方が良いんじゃね?」とも思ったが後戻りはできない。
「ハードケースでこんなにコンパクトになるのは箱ベールだけだ。将来は特許を取って販売しよう。」
ポジティブに考える好一だった。

IMG_4593.jpg
鶴岡のヤマト配送センターで送っておいた「箱ベール初号機」を受け取った。ぶっつけ本番でこいつを背負って空港まで13キロの道のりを走らなくてはならない。背負ってみると結構重い。梱包ベルトが肩に食い込んで痛いし、左右のバランスを取るのも難しい。
「風が吹かなければ良いが・・・」
R112はしばらく走るとR7と合流する。田んぼの中のバイパスをひた走るが地吹雪防止柵のお陰で風の影響は受けない。

ところが・・・

イオン三川店を西に曲がると地吹雪防止柵もなくなった。空港までは5キロの直線。向かい風が好一に襲いかかる。
「こんなに風が強かったのか!」
箱ベール初号機はまるで凧。忍者赤影のように大空に好一をいざなうのだ!
最後の最後で、この仕打。平和には終われない。好一は耐えた。たとえトラックにいじめられてもゆっくり着実に走った。最後の激坂も攻略し、ついに庄内空港に到着!
感動に浸っている好一を、周囲の人は汚い変なオジサンと見ていただろう。
IMG_4594.jpg

自転車を梱包して荷物を預けて、山形最後の食事だ。空港内のレストランは平田牧場のみ。トンカツが売りだが、空の湯の恋豚トンカツを食べ慣れている好一は、正直期待は持てないでいた。
「まあ、空港のレストランだからファミレス程度だったら良いだろう。」
オススメの金華豚のトンカツ。高い。ビールを飲みながら待つ事5分。見た目は良いけど味はどうかな?

「おーー、デリーシャス!」
肉はもちろん、衣もキャベツもご飯もポン酢も全てに拘った一級品だぁーーーー。

あー、これを食べるためにここまで来たんだ。一口一口噛み締めながら味わいながらビールで胃袋に流し込む。
至福の時間はあっという間に過ぎ、出発の時間が来た。飛行機は定刻通り離陸すると45分で成田に到着した。第3ターミナルからはシャトルバスで空の湯へ。大きな荷物も空の湯バスなら余裕で積める。
そして、いつもの温泉につかり、いつものマッサージでボキボキ。
少し前まで山形を自転車で走っていた事は遠い過去のように感じる好一だった。

<番外編:月山リベンジ>
GoTo山形の一番の見せ場である月山峠を見ず知らずの車に乗せられて越えたとあっては男がすたる。9月の土曜の夕方、思い立ったように新幹線に飛び乗った。
大宮から山形は2時間21分。GoToトラベルキャンペーンを使って駅前のホテルに泊まったら朝食付きで2700円だった。むしろ夕食のラーメンチャーハンの方が高かった。
翌朝の天気は薄曇り。気温も低くて前回よりもかなり条件が良い。
その後、調べたところ、月山越えの道は旧道、月山スキー場方面を目指せば良いとの事。旧道に関しては情報が少なく、前回の道路管理のお兄さんも旧道は走れるかどうかわからないとの事だったので行ってみるっきゃない。
月山湖を過ぎてから気を付けて走ると月山スキー場方面へ右折。すぐに上りが始まった。ここはきついが普通にきつい程度。清澄山ぐらいかな。景色は良いし、道も良い。車も少ない。弓張平から先は急に細くなるが補修はされていて走りやすい。ただし、全く人がいないので熊に襲われないか心配だ。熊よけに洋楽をガンガン掛けて走っているとジムで走っている不思議な感覚になってくる。急坂も長くは続かず、気が付くと下りに入っていた。
前回の教訓で「箱ベール初号機」は持って来なかった。あんなものを背負っては走れない!
月山峠にいささか拍子抜けの好一は、今回は何事もなく庄内空港に着いた。
しかし、ここでまた平田牧場のトンカツが食べられる。
「俺は、この為に来たんだ!」
横浜のバイクチーム、ケンタウロスはコーヒーを飲むためだけに神戸に行くそうだが、好一はトンカツを食べに鶴岡に来たのだ。前回と同じ席に座り、同じメニューを食べる。

「あぁ、美味い。」

前回の感動は間違っていなかったのを確認できた。
だが、残念なのは冬ダイヤから成田−庄内便が消える事だ。コロナの影響が大きいのであろう。平田牧場のトンカツが食べられなくなるのはとても残念だ。
IMG_4707.jpg

「さらば庄内空港、さらば平田牧場!」
「成田−庄内便が就航した暁には必ず食べに来るからなぁ〜!」

2時間後には、いつもの温泉、いつものマッサージで疲れを癒やす好一であった。
posted by SAM at 12:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 小説:空の湯の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

2020年永年勤続表彰式と年間MVP表彰式(リモート開催)

12月15日(大安)  空の湯会議室
・永年勤続表彰式
・年間MVP表彰式
・創立50周年記念ロゴマークの発表

例年ですと250名以上が参加しホテルの大広間で開催される大忘年会の時に行われますが、今年はコロナ禍、大忘年会はやむなく中止、表彰式は人数を極力絞って開催されました。
式の様子がyoutubeライブで公開されましたので、各職場のパソコンで見ることができました。
今まで勤務状況などによって忘年会に参加できない人もいましたが、今年は少しでも会社の様子がわかるようにと総務部と情報システム室の若手が頑張ってセッティングしたのです。(結構画期的なのだろうと感じる:筆者)

冒頭萩原社長から「昨年の忘年会の時、素晴らしい施設が出来ているとこの空の湯を皆さんに紹介したことを鮮明に覚えています。」、「コロナ禍というこのような状態になる事は全く予想できませんでした。」、「仕事が減ってしまって勤務日数が少なくなったり、休んでもらったりしなければならなくなりお詫びいたします。」、「回復傾向にある職場もあります。他の現場で働きたいとの希望があれば相談にしてください。」とのお話がありました。
IMG_2371 (2).jpg

1.永年勤続表彰式

今年の永年勤続者は以下のとおりです。
5年勤続者  19人
10年勤続者 26人
20年勤続者  7人
30年勤続者  1人
スクリーンに所属部ごとに名前が映し出されました。
「おめでとうございます」

代表して30年勤続の空港事業部大泉まゆみさんが出席され、登壇しました。
IMG_2379 (2).jpg
IMG_2381 (2).jpg
大泉さんは「皆さんの支えがあってここまで来れました。ありがとうございます。これからも頑張る・・・・」とご挨拶されました。


2.年間MVP表彰式

各期のMVPは次のとおり
・第49期第2四半期  施設事業部 山部貴昭さん
・第49期第3四半期  株式会社SAM(空の湯)
              中村明子さんと山田夏子さん
・第49期第3四半期特別賞 特掃部 成毛ロジェリオさん
・第50期第1四半期 営業部 宮崎正雄さんと施設事業部 遠藤高徳さん 

MVP年間グランプリ施設事業部 山部さん
ドラムロールとともにと発表されました。
IMG_2393 (2).jpg
IMG_2396 (2).jpg
山部さんスピーチ「困っている人がいた。自分のスキルが役に立つならと無我夢中だった。」、「このような名誉ある賞に負けないようにこれからも頑張る。」


※見てください🎥 YouTubeライブ配信映像!!




3.創立50周年記念ロゴマーク発表
28人52作品の応募があり役員会で慎重審議の結果、空港事業部の松木浩行さん作品に決定したことが発表されました。
50周年記念ロゴマーク.jpg
松木さんのコメント
「50周年の数字をカラフルな風車に見立て、皆様からのご支援が追い風となり、それを受けて回っているイメージとした。皆様のご支援を受け、50周年を迎えられたことが弊社の強みになりますようにとの思い。」



次点は空港事業部 齊藤真智子さん作品
50周年なので「半世紀SAM→ハンサム」とデザインされていました。40周年の時から温めていたネタとのことでしたが残念、努力賞が送られます。(作品は本人に見せてもらってください。)





各MVPの受賞内容
・第49期第2四半期  施設事業部 山部貴昭さん
IMG_2384 (2).jpg
台風被害を受けた顧客施設の復旧に向けて休日返上で献身的に対応し、顧客の高い評価を受け新規受注につながったこと。

・第49期第3四半期 株式会社SAM(空の湯) 中村明子さんと山田夏子さん
IMG_2385 (2).jpg
空の湯で体調不良になったお客様への対応が迅速的確であったことでお客様からの感謝の言葉あり、空の湯ホスピタリティが高評価を受けた。

・第49期第3四半期特別賞 特掃部 成毛ロジェリオさん
IMG_2387 (2).jpg
成田空港CSアワード2019の年間グランプリを受賞したことで、当社のCSに対する取り組みの高評価など企業価値を高めた。

・第50期第1四半期 営業部 宮崎正雄さんと施設事業部 遠藤高徳さん 
IMG_2389 (2).jpg
お客様に対する積極的な窓口対応と受注後の機敏な対応が、営業部と施設事業部の連携プレーとしてお客様の高い評価を受け、信頼関係に繋がり、大型物件の受注に至った。




posted by SAM at 11:26| 千葉 ☁| Comment(0) | メルマガ編集長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

空飛ぶタイルアート始末記

タイルアート (4).jpg
長さ1800,幅400,厚さ50、展望露天風呂にオブジェとして置いてあったもの 山武杉の木片
最初は風情があってと思ったのですがなんか寂しい、文字を書こうか、絵を描こうか迷った結果、タイルアートにお落ち着きました。ネットで調べて出会った製作者(タイルなひとKATSU)氏と相談して図柄イメージが決まったようです。
JALさん、ANAさんスタイルに 
空の湯の飛行機が見える展望露天風呂ですから、おさまりがいいですね。

空とぶタイルアート除幕式やろう
コロナ禍、航空会社がお客さんをたくさん乗せて行って、乗せて帰ってきて成田空港が成り立つし、空港関連企業が繁栄する構図が狂っている。
皆で団結して乗り切らねばならない、先ずは航空会社に頑張ってもらう必要がある。
ということで「JALさん、ANAさんに来ていただいて、空港関連企業の皆さんから募集する応援メッセージを書いた色紙を贈呈することにしよう。皆で盛り上がろう。」ということになりました。
(応援メッセージのヒントは下段に)

さてさてJALさん、ANAさん来てくれるだろうか、空港関連企業さん来てくれるだろうか、応援メッセージたくさん集まるだろうか、そうだプレスさんに取材してもらえるだろうか、心配事ばかり。
でも流れがこっちに向いていたのです。師走の最中、皆さんの予定がちょうどよくて航空会社支店長さん、空港会社役員さん、関連企業社長さん方、そして芝山町の課長さんに出席していただくことができました
IMG_2330 (2).jpg
応援メールはと言いますと、最終的に133通も集まりました
色紙に添えるリボンは赤色と青色を揃えなきゃ、急いでジョイフルへ
IMG_2318 (2).jpg
かくしてJAL、ANA支店長さんに贈呈
IMG_2340 (2).jpg
空港会社役員さんに総括していただく
IMG_2344 (3).jpg
地元の皆さんの未来が見えるように・・・

そしてプレスさんはテレビ1、新聞2
(テレビは千葉TV、当日18時と21時30分のニュースで放映されました)


応援メッセージ
・成田の空に飛行機と笑顔が戻ってきますように。一緒に頑張りましょう!(神の手)さん
・航空会社さん 一緒に頑張りましょう!!(空)さん
・コロナ禍で「空の湯」さんも相当な影響を受けられている中で成田空港を応援していただける有り難みをひしひしと感じております。地域あっての成田空港です。共に頑張りましょう。(イワサ ワヒロシ)さん

応援メッセージのヒント
10月、当社の清掃業務に対しJALさんから200通ものメッセージをいただきました。
落ち込んでいた職場雰囲気が吹き飛び、大きな励みになったのです\(^o^)/



PS:除幕式ですから除幕は誰が
最初のうち
IMG_2312 (2).jpg
リハ重ねるうちにだんだん緊張
IMG_2321 (2).jpg

いよいよ本番!!
進行役の伊藤総支配人の掛け声は
なんと(^O^)/
3.2.1.テイクオフ

見事に決まりました。会場は大きな拍手に


12月14日 実湯
鶴.jpg
亀.jpg
posted by SAM at 17:53| 千葉 ☁| Comment(0) | メルマガ編集長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする